ハワイ・アメリカ・カナダ・中南米の旅

アメリカの旅

パッケージツアー

アメリカ本土 ハワイ カナダ メキシコ 中南米 カリブ、他

周遊型 ナイアガラ×ニューヨーク、ニューヨーク×ラスベガス、ニューヨーク×メキシコ、など
ハワイとアメリカ本土周遊型 (ハワイとニューヨーク、ハワイとラスベガス、など)
その他 どの都市でも手配承ります♪ ≪メールでお問合せ

ハワイ旅行 水陸両用車「ダック号」 ナイアガラの滝ツアー

自由の女神像 パワースポット。オーロラ鑑賞 ラスベガス

北米・ハワイ オプショナルツアー情報
旅行が決まったら次はオプショナルツアーを探そう!!

※注 ツアー内容は現地手配会社により変更されることがあります。

世界100ヶ国以上300都市以上の中から選べる!
日本で予約 現地で参加 オプショナルツアー探しはVELTRA(ベルトラ)VELTRA

現地情報(※一部外部リンク)

ニューヨーク ラスベガス
ハワイ州観光局 アナハイム
ミシシッピ州観光局(ニューオリンズ他) メキシコ観光局

マサチューセッツ政府観光局
(ボストン他)

イリノイ州政府観光局
(シカゴ他)
サンフランシスコ観光協会 ユーコン準州観光局(ホワイトホース)
ロサンゼルス観光局  

格安航空券情報(電話またはメールにてお問い合わせください)

  • アメリカ・ハワイ・カナダ・中南米
  • アメリカ(東部、南部、西部)
  • ハワイ
  • カナダ(東部、西部)
  • アメリカ・ハワイ・カナダ(長期滞在・片道)

アメリカ渡航・電子渡航認証システム(ESTA/エスタ)について

2009年1月12日よりビザなしで米国へ短期旅行(観光・商用目的、最長90日)される場合には、電子渡航認証システム(ESTA)の取得が義務化されました。米国経由で第3国へ渡航する場合も対象となります。取得日より2年間且つパスポート有効期限内であれば何度でもご利用出来ます。米国へご旅行のお客様は、ご出発までに必ず手続をお済ませ下さい。

ESTA申請 *オフィシャル(ヘッダー内に日本語選択有ります)

2010年9月8日より、ESTA取得には14USドルの支払が必要となりました。
支払いは主なクレジットカード(VISA・MASTER・AMEX・DISCOUVER・JCB)が使用可能です。

★米国運輸保安局(TSA)は、セキュア・フライト・プログラムの導入を発表しました。セキュア・フライト・プログラムとは、米国離発着の民間航空機の保安強化を目的に導入され、TSAが各航空会社の搭乗者情報とTSAの警戒リストを事前に照合するものです。当該制度の導入によりTSAは、各航空会社が予約の際にセキュア・フライトに必要な搭乗者情報を収集し、予約記録に登録することを義務付けています。

■セキュア・フライトに必要なお客様情報(予約時に確認致します)
1.パスポート表記のお名前     2.生年月日(西暦)
3.性別                 4.Redress Number(該当される方のみ)

※Redress Numberとは、要注意人物と同姓同名である等の理由により誤認されてしまう渡航者の救済材手段として、米国国土安全保障省(DHS)が発行するコードです。
詳細Q&Aはこちらをご参照下さい。
(英語のみ)

 

カナダ渡航・電子渡航認証システム(eTA/イータ)

2015年8月1日より、カナダのElectronic Travel Authorization(eTA)の運用が開始されました。
eTAの事前申請と取得は、2016年3月15日以降、米国を除く日本、台湾などすべてのビザ免除国・地域が発行する旅券を使用してカナダへ入国または経由される方に義務化されます。なお、カナダ政府はカナダへ入国するための航空券を購入する前に、eTAを取得することを推奨しています。

eTA取得対象国籍

日本、台湾、香港、オーストラリアなど、米国を除く全てのビザ免除国・地域
※有効な査証を保持している人は要件の対象外です。
※運用開始日:2015年8月01日
※義務化開始日:2016年3月15日
※手数料:7.00カナダドル(クレジットカード決済)
※eTa有効期限:許可日より5年間、または旅券の有効期限記載日までの短い方

申請方法

電子渡航認証(eTA)申込フォーム(英語)

現在、弊社では電子渡航認証(eTA)の代行手配は行っておりません。
必ず渡航前にお客様ご自身で申請・取得を行ってください。
また、カナダ政府の判断により入国不可と判断され、購入済み航空券の払戻をされる場合でも、当該運賃ル-ルに基づいて所定の手数料を申し受けます。何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。
※リンク先の都合により正しく表示されない場合があります。