ラスベガス(ネバダ)の基本情報

アメリカの旅

都市情報    (最終更新日:2014/10/21)

ラスベガス LAS VEGAS

世界を代表するエンターテイメントシティー!ラスベガス
24時間眠らない街として知られるラスベガスは、アメリカ西部のネバダ州クラーク郡にあり、旅行者は年間約4000万人。 カジノやホテルが立ち並ぶ街の周りは広大な砂漠に囲まれていて、中心部から車で15分ほど走れば、レッド・ロック・キャニオンなど、アメリカならではの大自然を堪能することができます。 街の目抜き通りは通称「ストリップ」とよばれる約6kmの大通り「ラスベガス・ブールバード」で、カジノが入る巨大テーマホテルが軒を連ねます。 カジノの街として有名ですが、近年では各ホテルが工夫を凝らしたアトラクションを実施するなど、大人からお子様まで楽しめるエンターテイメントの街へと変貌を遂げています。 ショッピングセンターやハイレベルなレストラン、世界各国のビッグアーティストの公演、ゴルフやテニスなどのスポーツ施設も充実。

空港

 ラスベガス マッカラン国際空港(LAS VEGAS MCCARRAN INT'L AIRPORT:LAS)からダウンタウンまで8km、タクシー約20USドル、乗合シャトル15~30分 6USドル~(*空港利用料とチップは別)。 料金は若干これらより高くなってしまいますが、ラスベガスを初めて訪問する方や、英語に自信がない方は、日本語送迎の予約を承っております。 

 ラスベガス空港は、一般的な旅行者の宿泊するエリア、「ストリップ」より約3マイル(5km)、時間にしても15分程度です。 渋滞することもなく、空港からホテル、あるいはホテルから空港への移動が可能です。 ラスベガス空港は、カジノの街の玄関口らしく、ターミナルビル内には、約1000台以上のスロットマシーンに溢れており、ミニカジノの様相を呈しています。 ターミナルビルは1と2に別れており、ターミナル1は主に国内線の発着、ターミナル2は国際線の発着と一部の国内線の発着に利用されています。

airport_las.gif

ラスベガス空港からストリップへ

一番簡単で確実なのが、タクシー利用。 ラスベガスは空港から宿泊エリアのストリップまでが近く、タクシー料金も安いので、最も一般的な空港からホテルまでの移動交通機関と言えます。 ターミナルビル内に「TAXIS」という表示があり、その方向へターミナルビルを出たところにタクシー乗り場があります。 タクシー乗り場には、整理係員がいて、比較的素早く乗車できます。

 タクシー料金はメーター制ですが、空港から乗車する場合は、空港利用料$1.80がかかり、別途メーター料金に追加して支払う必要があります。 ホテルから空港へ行く場合は、この空港利用料金はかかりません。 メーター料金の15%程度を目安にチップを追加して渡してください。

 黄色以外のタクシーも沢山あります。 空港のタクシー乗り場から乗れば、間違いなく、正規タクシーです。 タクシーが黄色でないからと気にする必要はありません。逆にタクシー乗り場以外のところで、声をかけてくる人がいた場合は、正規のタクシーでない「白タク」である可能性が高いので、絶対に乗らないようご注意ください。

 ラスベガス空港からストリップまでは、ストリップの手前側か先の方かで若干料金は変わりますが、約$15、約15分程度。 お支払いは、クレジットカードが利用できるタクシーと出来ないタクシーがあるので、カード利用の場合は、乗車前にドライバーへご確認ください。

観光スポット

ベラージオの噴水ショーベラージオの噴水ショー

これを見ずしてベガスを語るなかれ!
べ ラージオの噴水ショーは、毎日 開始より20:00までは30分毎に、以降は15分毎に繰り広げられる「水・音・光(夜間)の壮大なファンタジー」 ラス ト(23:55)は必ずホイットニーヒューストンの歌うアメリカ国歌と決まっており、胸に手を当てて口ずさむアメリカ人の姿もあちこちに見られ、「アメ リカ」を感じられる事間違い無し! ラスベガス在住者であってもたまには訪れてしまうくらい、ラスベガスの無料ショーの中でダントツ人気かつダントツのス ケール。 見るのなら横からではなく、正面中心で見て、そのスケールを体感していただきたい。 風がある日だと水しぶきが若干かかります。

グランドキャグランドキャニオンニオン

アメリカが誇る世界遺産、グランドキャニオン
1919年国立公園に認定。 1979年世界自然遺産に登録。 敷地面積4927平方km、全長460kmのグランドキャニオン。
ラ スベガスを訪れるにあたり、グランドキャニオンは絶対に外せない必見の観光スポットです。 ネバダ州のお隣アリゾナ州にあるグランドキャニオンは、ラスベ ガスより直線距離で約165km、陸路で車で行く場合は310km、約5時間半。 グランドキャニオンには、グランドキャニオン国立公園空港があり、ラス ベガスよりセスナ機を利用したツアーも催行されています。 (オプショナルツアーはこちら

アンテロープキャニオンアンテロープキャニオン

隙間から差込む太陽光の神秘!
砂 丘が固まって出来た砂岩を、鉄砲水と風が長い長い年月をかけて削り上げた芸術。 細いキャニオンの隙間から差込む太陽光と照らし出される壁の美しい色彩の 様子は幻想的で神秘。 ここに入るには、入場料の他に、別途料金を払い、ナバホ族が運営するツアーに参加しないと入れません。

スカイウォークグランドキャニオン・ウェストリム

地上1200mのスカイウォーク
ココはグランドキャニオン国立公園ではなく、先
住民の居住区となっています。 ウエストリムの名物「スカイウォーク」は地上1200m、長さ20mのU字型 ブリッジ。 床がガラスで出来ているのでスリル満点!日中は込み合いかなり待たされるので朝一番に行くのがオススメです。 その他にもヘリコプターやボー ト(ラフティング)もお楽しみいただけます。 ラスベガス発のオプショナルツアーも出ています。 

セドナセドナ

全米で最も美しく、大地のパワーを感じる聖なる地
全 米で最も美しい「癒し」の町として有名。 3億3千万年前の地層が侵食されて出来た、「レッドロック」に囲まれ、大地の強いエネルギーが、地下から螺旋を 描いて上昇しているというポイント「ヴォルテックス」が有ることから、ここは世界一スピリチュアルカウンセラーが多く集まっています。
パワースポットでエナジー補充!

 
フーバーダムフーバーダム

貯水量400億トンの巨大ダム
ラスベガスストリップ中心からグランドキャニオン方面へ車で約小一時間ほどの場所にあるフーバーダムは、1930年代前半に、アメリカが国力を総じて建築。 セキュリティーは大変厳しく、荷物は持ち込めないので注意が必要です。
ラスベガスからグランドキャニオンに向かう途中の観光スポットです。

 

 

アーチーズ国立公園

大自然が生み出した野外美術館アーチーズ
ユ タ州のシンボルにもなっている、アーチーズ。 公園内には2000を超えるアーチが集まり、最も有名で美しいデリケートアーチ、世界最大級のランドスケー プアーチ、インディ・ジョーンズに登場したダブルアーチが代表的です。 15種類あるトレイルを歩いて回って見学する長いトレイルは往復3時間ほどもかか ります。

 

→アメリカページに戻る

 

格安航空券情報

電子渡航認証システム(ESTA)について

2009年1月12日よりビザなしで米国へ短期旅行(観光・商用目的、最長90日)される場合には、電子渡航認証システム(ESTA)の取得が義務化されました。米国経由で第3国へ渡航する場合も対象となります。取得日より2年間且つパスポート有効期限内であれば何度でもご利用出来ます。米国へご旅行のお客様は、ご出発までに必ず手続をお済ませ下さい。

ESTA申請 (ヘッダー内に日本語選択有)

2010年9月8日より、ESTA取得には14USドルの支払が必要となりました。
支払いはクレジットカード(VISA・MASTER・AMEX・DISCOUVER)のみ使用可能です。

★米国運輸保安局(TSA)は、セキュア・フライト・プログラムの導入を発表しました。セキュア・フライト・プログラムとは、米国離発着の民間航空機の保安強化を目的に導入され、TSAが各航空会社の搭乗者情報とTSAの警戒リストを事前に照合するものです。当該制度の導入によりTSAは、各航空会社が予約の際にセキュア・フライトに必要な搭乗者情報を収集し、予約記録に登録することを義務付けています。

■セキュア・フライトに必要なお客様情報(予約時に確認致します)
1.パスポート表記のお名前     2.生年月日(西暦)
3.性別                 4.Redress Number(該当される方のみ)

※Redress Numberとは、要注意人物と同姓同名である等の理由により誤認されてしまう渡航者の救済材手段として、米国国土安全保障省(DHS)が発行するコードです。
詳細Q&Aはこちらをご参照下さい。
(英語のみ)

オプション情報

  • メジャーリーグ満喫
    日本人選手が多く活躍するアメリカのメジャーリーグ。
    試合観戦オプショナルツアー情報が満載!!