ニューヨークの基本情報

アメリカの旅

都市情報 (最終更新日:2014/10/31)

ニューヨーク NEW YORK

自由の女神像

言わずと知れた大都市ニューヨーク。この街が世界に及ぼす影響は計り知れない。金融ビジネスや、ファッションに音楽といったカルチャーなど、あらゆる分野において常に世界をリードし続けている。その発展の歴史は、そのまま移住者の歴史に置き換えられる。1892年にエリス島の移民入国管理局が開局し、移住者の玄関口となると、世界中の人々が押し寄せ、この土地の発展を支えながら、各々の故郷の文化を少しずつ浸透させていった。今では多国籍文化が混ざり合って生まれた新たな文化がニューヨークの魅力となっている。東京の山手線内とほぼ同じ広さのマンハッタン島は碁盤の目のように整備されているので、通り名の数字さえ覚えればとても歩きやすい。南北に走るアヴェニュー間の1ブロックは約250m。東西に走るストリートは1ブロック約80m。

大きな荷物は事前に空港へ! 空港宅配サービスJALエービーシー
出発が決まったら、インターネット又はお電話でご予約ください。
ご出発前日12:00までにお申し込み頂ければ、お申し込み当日集荷にお伺い致します。

 

空港

  • ジョン F. ケネディ国際空港(JFK)
    マンハッタン中心から24km、タクシー 60分 45米ドル~
  • ニューアーク国際空港(EWR)
    マンハッタン中心から26km、タクシー 45分~70分 60米ドル~
  • ラガーディア空港(LGA)
    マンハッタン中心から13km、タクシー 30分

※ニューヨークを初めて訪問する方や、英語に自信がない方は、日本語送迎・専用車の手配を承っております。 

空港からマンハッタンへ

タクシー

黄色い車体のタクシー「イエローキャブ」は、どこででも拾えます。平日のラッシュアワーや 夜間は料金が割り増しになります。空車は、屋根にライトを点けています。OFF DUTYが点灯している場合は回送車で、乗客が乗っている場合はライトが消えています。タクシーは、必ずニューヨーク市のライセンスマークの付いているイ エローキャブをご利用ください。また、支払い時にレシートをもらっておくと、忘れ物をした際などに便利です。※悪質な「白タク」がいますから、必ず正規イ エローキャブにご乗車ください。

地下鉄

地下鉄の路線は 26路線あり、観光にも便利です。改札はメトロカードを使用。改札を出ない限り乗り換えも自由です。地下鉄への出入り口は、緑のポールと、丸い赤いランプ に分かれています。緑のポールが立つ入り口は、改札の入り口で24時間係員がいて、メトロカードを販売しています。入り口に丸い赤いランプがあれば出口専 用で中へ入れません。ホームの行き先表示は、アップタウン(Uptown/北行き)と、ダウンタウン(Downtown/南行き)の2種類で、行き先表示 の確認を忘れないようにしましょう。同じホームに複数の路線の電車が入ってくることもありますので、電車に表示してある行き先や路線番号を確認してから乗 車してください。夜間やホームに人が少ないときは、監視カメラや係員の目が届いているOff Hour Waiting Areaと書かれた黄色い看板がある場所で待つと安心です。

バス

バスの路線は、南北方向はアベニューごとに、東西方向は約10ブロックごとに相方向にスト リートを運行しています。バス停は青いサインボードが目印で、進行方向の右側に立っています。バスに乗車する際は、路線番号と行きたい方向のバスか確認す ること。前から乗車し、料金を支払います。メトロカードを料金箱に差し込むか、1¢以外の硬貨で支払います。紙幣は使用できません。下車するときは、窓側 や降車ドア付近の黒または黄色のテープを押して合図をします。降車は後方のドアから。緑のランプが点灯したら、ドアにある黄色のテープを押して自分でドア をあけます。

スーパーシャトル

空港とマンハッタンを結ぶ乗り合いバスで、マンハッタンのどこにでも停まってくれます。最初に自分のホテルに行ってくれるとは限らないので、急ぐ方にはおすすめできません。予約なしでも当日空港で乗車できます。

リンク

あっとニューヨーク

TPO

ホテルや高級レストランでディナーを取る場合は、男性は上着にネクタイ着用、女性もワンピースなどドレッシーな服装が必要となる場合があります。夏でも朝晩の気温差や屋内の冷房により、冷えて体調をくずす場合がありますので上着をご持参ください。

習慣・マナー

レストランや公共の場所は全面禁煙です。灰皿のない場所での喫煙はご注意ください。

観光スポット

自由の女神自由の女神

アメリカのシンボルになっている自由の女神は、ニューヨーク湾のリバティー島に建てられて います。像の高さは46m、台座を含めると96mで、1886年にアメリカ独立百周年を記念してフランスから贈られたもの。内部はエレベーターと364段 の階段で頭の王冠まで上がることができます。王冠から眺める景色は抜群です(内部は2001年のテロ以降入場できません)。

 

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館の特色は、そのコレクションの幅がきわめて広く、古今東西の、あらゆる時代、地域、文明、技法による作品を収集しています。1日では回りきれません。

ナイアガラの滝ナイアガラの滝

世界三大瀑布 ナイアガラの滝
飛 行機代、昼食付のお得な人気日帰りコース。 【内容】 ニューヨーク空港集合、バッファロー又はロチェスター空港へ、着後ナイアガラへ、滝の裏のトンネル入場、テーブルロック(下車)、昼食、カナダ名産のメー プルシロップなどがあるお土産店へ。バッファロー又はロチェスター空港からニューヨークへ、空港着後解散 *ニューヨークの空港朝発、夜着を予定しています。アメリカとカナダにまたがる世界三大瀑布の1つ、ナイアガラの滝を観光。ナイアガラ近郊空港着後はバス にて国境を越え、カナダへ入国。テーブルロックなどを観光し、滝の裏側のトンネルに入場します。2014年ナイアガラクルーズ運航日(予定):2014年 05月15日-2014年11月15日 (オプショナルツアーはこちら

 

ニューヨーク一日市内観光(オプショナルツアー)

ベスト・オブ・ニューヨーク!マンハッタンの見所たっぷりの定番市内1日観光。 【内容】 市内指定ホテル集合、アッパーウエストサイド車窓見学、メトロポリタン美術館(車窓)、フリックコレクション&プラザホテル(車窓)、市内車窓観 光、ワシントンスクエア(下車)、サウスストリートシーポート(下車)、サウスストリートシーポート、ダウンタウン周遊フェリー乗船、グラウンドゼロ(車 窓)、ミートパッキングディストリクト(下車)、ロックフェラーセンターにて解散。 世界的に有名な観光スポットであるタイムズスクエアや国連本部、5番 街、セントラルパークだけでなく、今話題のミートパッキングエリアのハイラインパークやチェルシーマーケットをおさえたルートで1日満足頂けるおすすめツ アーです!ツアーに含まれるダウンタウン周遊フェリーは写真撮影ポイント満載です。 間近で見る自由の女神、ブルックリン橋、建設中ワールドトレードセン タービルやニューヨークのシンボル・エンパイアステートビルをゆったりと船上から満喫頂けます。

→アメリカページに戻る

 

格安航空券情報

電子渡航認証システム(ESTA)について

2009年1月12日よりビザなしで米国へ短期旅行(観光・商用目的、最長90日)される場合には、電子渡航認証システム(ESTA)の取得が義務化されました。米国経由で第3国へ渡航する場合も対象となります。取得日より2年間且つパスポート有効期限内であれば何度でもご利用出来ます。米国へご旅行のお客様は、ご出発までに必ず手続をお済ませ下さい。

ESTA申請 (ヘッダー内に日本語選択有)

2010年9月8日より、ESTA取得には14USドルの支払が必要となりました。エスタ
支払いはクレジットカード(VISA・MASTER・AMEX・DISCOUVER)のみ使用可能です。

★米国運輸保安局(TSA)は、セキュア・フライト・プログラムの導入を発表しました。セキュア・フライト・プログラムとは、米国離発着の民間航空機の保安強化を目的に導入され、TSAが各航空会社の搭乗者情報とTSAの警戒リストを事前に照合するものです。当該制度の導入によりTSAは、各航空会社が予約の際にセキュア・フライトに必要な搭乗者情報を収集し、予約記録に登録することを義務付けています。

■セキュア・フライトに必要なお客様情報(予約時に確認致します)
1.パスポート表記のお名前     2.生年月日(西暦)
3.性別                 4.Redress Number(該当される方のみ)

※Redress Numberとは、要注意人物と同姓同名である等の理由により誤認されてしまう渡航者の救済材手段として、米国国土安全保障省(DHS)が発行するコードです。
詳細Q&Aはこちらをご参照下さい。
(英語のみ)

オプション情報